柔道整復師と低周波治療について

柔道整復師とは、骨や関節、筋、腱、靭帯などに発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療する仕事になります。
治療は外科手術などとは異なり、手術をしない非勧血的療法によって治療していきます。
治療の特徴は基本的に素手のみで治療を行うことが挙げられます。投薬や手術を行わずに、湿布や包帯、テーピングやマッサージなどによって治療します。人間の持つ自然治癒力を発揮させるという東洋医学に基づいた考え方で治療法が成り立っています。
ただし、骨折や脱臼などは応急処置以外では治療の際に医師の同意が必要です。
また、機器を使用して治療することもあります。
その一つが低周波治療器の利用です。
低周波治療は、整体に電流を流すことによって痛みを治めたり、あるいは筋収縮と弛緩させることができるようになるため筋ポンプの作用を働かせて血流の流れを促進させることが可能できます。
血行が良くなることによって、酸素や栄養が血液によって体の中に運ばれやすくなり損傷の治りを促す効果や、筋肉のコリや痛み、神経痛、衰弱した筋力を回復させる効果なども期待されます。
固定や整復、理学療法や運動療法、テープ療法など損傷に合わせた治療を行うことであまり体に負担をかけずに治療していくことができるのが柔道整復師のメリットです。

柔道整復師になったら湿布を見極める必要がある

近年国家資格の中で人気がある資格の一つが、柔道整復師になります。柔道と名前が付いていますが、柔道に限らず様々なスポーツや仕事などで関節を痛めたりした場合には、柔道整復師にお願いをすると適切な治療してくれます。柔道整復師の特徴は、マッサージもできることです。マッサージ店は歯医者や美容院の数よりも多いと言われていますが、厳密にいうと柔道整復師と癒し系などのマッサージ師は持っている資格が異なります。基本的にマッサージ師の資格は民間の資格があれば開業できますし、資格がなくても開業することは可能です。ただし、お客さんが来るかどうかは別の話しになります。
柔道整復師は、国家資格を取得しなければならないため、だれでも開けるわけではありません。国家資格である以上、様々なことを学ぶ必要があります。その一つが湿布の種類です。湿布は薬局によってますので、資格を持っていない人でもあることは可能ですが、本格的に効果を得るためには、正しい張り方や種類を選ぶ必要があります。
例えば温湿布と冷湿布では使い分けをするのが普通ですが、適切に患者の状態を見ながら使い分けをしなければなりません。患者に対して適切な処置を施すのも重要な仕事です。

自然治癒力を高めてくれる柔道整復師の治療

風邪をひいたときや体調不良のとき、怪我をしたときなどは薬を使って治療をする方法もありますが、一番大切なのは自分が本来持っている治癒力を使って回復することです。普段から食生活や運動などに気を使っている人は免疫力や基礎体力がしっかりしているので病気や怪我のときにも比較的素早く回復することができますが、体の弱い人や子供、高齢者など自然治癒力があまり高くない人は一度体調を崩すと治すのが大変です。そんなとき頼りになるのが柔道整復師です。
柔道整復師は「ほねつぎ」や「接骨師」としても知られている職業で、解剖学や生理学、運動学、病理学、衛生学などさまざまな専門知識を持っています。柔術に含まれている技術を応用して骨や関節、筋肉などの不調を治す整体やマッサージを行い、慢性的な痛みの症状や交通事故後の治療、リハビリなどを得意としています。整体を受けることによって血液やリンパの流れが促進されたり細胞が活性化される効果もあるため自分の自然治癒力を高めることにもつながって、免疫力や体力がアップする効果も得られます。普段からよく風邪を引いたりすぐに体調を崩してしまう傾向がある人は、柔道整復師に相談してみるのも有効な手段です。